FANDOM


日本学生LoL連盟 インタビュー

2016.12.19

Lolrenmei mv

各地の大学でLeague of Legends(以下、LoL)サークルが次々に立ち上がる昨今、その活動をより盛り上げるためにできた"日本学生LoL連盟"。オンライン上でのイベントを主とした彼らの活動についてインタビューを行った。

Lolrenmei 01
奥西氏
日本学生LoL連盟 代表


 


始まりは"みんなで楽しめる場をつくりたい"

—— 連盟の簡単な概要や成り立ちを教えてください。

4月にゲームバンクさんとライオットさんの協力をいただきまして、いろいろサークルができ始めてきて、オンライン上で他大学のサークル同士でプレイすることができれば面白いと思って始まりました。オンラインってみんなで協力してつくるものだと思うので。

自分1人じゃできないと思ったのですが、やりたいと思ってる人が他にもいるだろうなって思って「こういうのやりませんか?」と感じで、方向性とか、オンラインどうあるべきとかいうところから考える人を募集してみました。最初なかなか上手くいかなかったのですが、LoLのサークルの代表がいっぱい集まったLINEグループを知ったので、そこで呼びかけて始まりました。


—— 連盟には、どんな大学のサークルが参加してくれていているんですか?

同志社大学と東海大学の2校が中心となっていて、法政大学、龍谷大学、大阪電気通信大学の皆さんにもイベントの時に手伝ってもらってます。初めは名古屋大学のサークルに入ってる学生や、北海道大学の人とか入ってたんですけど……オンラインでのやりとりが基本になるので、そのなかで組織として運営していくことの難しさを実感してます。


—— そのあたりのどんな試行錯誤してるか聞かせてもらえますか? 例えば会合とかってオンラインでやってたりするんですか?

会議は基本的にはボイスチャットツールのTeamSpeak(以下、TS)でやっています。初めは定例でやってました。みんなで組織の内容から、どういう大会を作っていけばいいのか、どういう目標にするのか、みんなで話し合って決めました。

ただ、そのうち「会議が長い」「効率悪いんじゃないかな」みたいな意見が出てきたので、そこで定例はやめて広報などの活動を広める部門と、運営とかの考える部門とで、部門を分けたんです。ただ良い組織の形態とかの知識がないので、組織をつくるところから今いろいろ試行錯誤してます。


”みんなで楽しむ”ための運営の楽しさと悩み

—— いろいろイベントを実施されていると思いますが、なにか目標を持って実施されていたりするんですか?

月1回「カジュアル大会」というのをやろうと思って動いていて、9月と10月に開催しました。カジュアル大会は、どのレートでも参加してみんなが楽しめる形式を目指してます。大学の名前をかけて1番を目指そうって感じじゃなくて、もっと幅広く、せっかく集まったんだしみんなでやろうよ、みたいな感じでやりたいと考えてます。カジュアル大会では、そこの理念は、根っこのとこで変えずに今後も続けていければと思ってます。


—— 連盟で活動してきて、すごくうれしかったことってなんですか?

イベントを開催したときの配信で、配信者も盛り上がってて、それを見ている運営も「あ、盛り上がってるな」みたいになって、楽しいって気持ちが沸いてきた時はうれしかったです。後でゲームに参加している人に聞いたら、やってる人たちも「面白かった」と言っていただけたので、みんなそう感じてるみたいなところを聞いたときはすごい嬉しかったです!


—— 活動の中心はオンラインだと思うのですが、逆にオフラインでイベントやってみたいとか、そういう思いもあったりするんですか?

オフラインのイベントも、今って大学ごととか、地域ごとでやっていて、その中で頑張ってノウハウ積み上げていってみたいなかたちでやってると思うんです。連盟っていう集まった環境で、そういうオフラインも一緒に話し合って積み上げていける環境をつくれたらいいな、とは思ってます。

ただ、オフラインは参加する人の雰囲気や場所の問題があって、やっぱり難しくて……そこもちょっと今、どうしようみたいに考えてます。


—— やってみたいけど、いろいろハードルがまだまだありそうですね。

経験やノウハウを積み上げられるような環境ができれば、おもしろいかなとは思うんですけど、それをつくるのができるのかって不安もあります。


—— 今後、連盟として活動していく中で、目標はありますか?

こういう連盟にしたいという目標は、それぞれが成長を感じられて、自律的な行動によって、自分の大学に無い活動みたいなところを実感してもらえればと思ってます。参加サークルの皆さんが「おもしろい」と感じてもらえる状況ができれば、連盟としてもおもしろい方向に向いていけるのかなというのは思っています。後は、連盟に入って活動したことが、就活でもしゃべれるぐらいにしていけたらなって思っています。


Fandom eSportsに戻る


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。