FANDOM



プレイヤー紹介編集

「鉄拳タッグトーナメント2アンリミテッド世界大会 GLOBAL CHAMPIONSHIP '13」にて、大会中に優勝候補の「ノビ」「help me」たちを下し、そのままの勢いで3位入賞を果たし世界中にその名を知らしめた「AK」(当時13歳)

世界最高レベルの防御力を持つ「JDCR」と対峙したときでさえ、その持ち前の勝負感でギリギリまで追い詰めるなどして会場を沸かせた。(会場ではAKコールが度々起っていた)

鉄拳のプロデューサーで有名な「原田」氏もその才能を買い、翌年の2014年にバンダイナムコ未来研究所にて行われた「鉄拳20周年ファン感謝祭 鉄拳TAG2 エキシビショントーナメント」に招待している。

フィリピン鉄拳界の若きエース

通称・別名編集

募集中

プレイスタイル編集

ここぞの勝負どころでの大技を得意とし、 どんな防御力の持ち主の懐へも潜り込みこじ開ける

プレイタイトル(使用キャラ・武器等)編集

  • 鉄拳7FR(ロウ)
  • 鉄拳7(ロウ)
  • 鉄拳TAG2(ポール/ロウ)

主な戦績編集

2016年編集

  • THE KING OF IRON FIST TOURNAMENT 2016 フィリピン大会 鉄拳7FR 優勝

2013年編集

  • 鉄拳タッグトーナメント2アンリミテッド世界大会 GLOBAL CHAMPIONSHIP '13 in KOREA 3位

使用デバイス / プレイ環境 編集

ゲームセンターでのアーケードプレイのみ。

関連動画編集

Tara Tekken TTT2 Akechi - PBE

Tara Tekken TTT2 Akechi - PBE.AK

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。