FANDOM


Home > MOBA

このページではeSportsのひとつのジャンルであるMOBAゲームに関しての情報をまとめています。
誰でも編集が可能なので、みなさんの知識を共有してください。

概要編集

MOBAとはMultiplayer online battle arenaの略称であり、マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナが日本語での名称となる。MOBAはRTS(リアルタイムストラテジー)ゲームから派生したジャンルであり、主にWarcraft3(ウォークラフト3)にて有志が作成したDotaと言うMOD(Modificationの意味)が多くのプレイヤーに受け入れられ流行った事により確立した。

RTSゲームの特徴とも言える拠点やユニットの運用は大幅に省略されているものが多い。中には自軍の設備の強化を行えるゲームも存在するが、主にプレイヤーは自分が操作するひとつのユニットを細かく操作することとなる。

アクションRPGのようにそれぞれのユニットにはユニークなスキルやアビリティが用意されており、さらにゲームを一変させる可能性のあるアルティメットスキルが用意されている場合も多い。

プレイヤーはチーム分けされるため、それぞれ選択したユニットの特性による親和性やコンボなどの戦略をねる必要が出てくる。更には敵チームのユニットの特性やコンボ、さらには戦略を考え、勝ちを筋をチームと考える必要もある。

この様に、ゲームの知識だけでなく、チーム内での意思疎通などが重要なゲームとなっているが、その反面プレイヤーのスキルはそこまで必要ではないとされる。(FPSゲームの様に素早く動く豆粒を撃ち抜く様なスキルは必要ない)

ちなみにDota MODを作成した有志(Guinsooなど)が立ち上げたゲームがLeague of Legendsであり、2015年には世界でもっともプレイヤー人口が多いゲームとされ、成功を収めている。League of Legends内のグインソー・レイジブレードはこのGuinsoo氏の名前を関したアイテムとしてプレイヤー達に愛されている。

日本メーカーからもWonderland Wars(WLW)がセガからアーケードゲームとして発売されるなどジャンルとして国内でも確立してきている。

※追記と編集お願いします。

eSportsとしてのMOBAゲーム編集

eSportsとしてのMOBAゲームはLeague of LegendDOTA2を筆頭にプレイヤー数が多く、日本からもプロチームが登場している。MOBAはチーム戦が基本となるため、基本的にソロで活躍するプロプレイヤーは多くない。

2016年には世界でもっともプレイヤー人口が多いと言われるLeague of Legendsに日本サーバーが追加され、さらにLJLと言った日本全国大会も行われている。日本でもDeToNatorがAffectioN!のチームメンバーをプロ起用するなど盛り上がりを見せてきている。

LJL大会で海外プレイヤーがビザ関連で問題を起こしてしまった歴史があるが、法務省はeSportsのプロプレイヤーには興行ビザを発行する事となり日本のeSportsにとっては大きな一歩となった。[1]

※追記と編集お願いします。

eSportsタイトル編集

追記お願いします。

プロ選手編集

eSportsに置いて、スポンサーによる出資などによりMOBAゲームの大会に出場したプロプレイヤーをまとめています。自称や学生団体は含みませんのでご注意ください。


Yutorimoyashi


No image2
所属チーム:
Rampage

説明文を追加してください。

Tussle


No image2
所属チーム:
Rampage

説明文を追加してください。

Lem0n


No image2
所属チーム:
Rampage

説明文を追加してください。

Meron


No image2
所属チーム:
Rampage

説明文を追加してください。

Pupil


No image2
所属チーム:
Rampage

説明文を追加してください。

名前を追加してください


No image2
所属チーム:
チーム名を追加してください。

説明文を追加してください。

プロチーム編集

eSportsに置いて、スポンサーによる出資などによりMOBAゲームの大会に出場したプロチームをまとめています。自称や学生団体は含みませんのでご注意ください。

※追記お願いします。

主な大会編集

追記お願いします。

出典編集

  1. http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28HZO_Q6A330C1EAF000/)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。